肝臓の数値を良くするにはどうしたら良い?

年齢を重ねていけば身体の疲れは抜けにくくなっていきます。
それは若い頃に比べて代謝が落ちていくからです。

 

特に肝臓に関しては身体の中で解毒を行っている内蔵ですから、昔と同じようにアルコールを摂取していれば当然身体に負担がかかってしまいます。その肝臓への負担が二日酔いとなるのです。

 

アルコールは適度なストレスの発散となりますが量を間違えてしまえば、身体に害を及ぼしてしまいます。その為、ご自身に負担がないように適量を知る事が二日酔いをしない為に最も大切な方法となるのです。特に毎日飲酒をする方であれば肝臓を休める為に休肝日をおすすめします。

 

また空腹でアルコールを摂取すると酔いが回りやすくなるだけではなく、胃腸にも負担を与えがちです。おつまみにはヘルシーな物を選んで、アルコールと共に楽しめるように心掛ける必要があります。

 

どうしてもアルコールの味が好きで休肝日が辛いなら、ノンアルコールの商品があります。
こうして休肝日を設ける事で肝臓の負担は減り、二日酔いもしにくくなります。

 

次に会社での飲み会が重なりそうで二日酔いにならないか不安な時にはヨーグルトなど胃粘膜を保護する乳製品を先に食べる事が最適です。

 

時間のない方は同様に胃粘膜を保護する胃腸薬を飲む事をおすすめします。
胃腸薬は種類も色々あり、漢方薬も二日酔いの予防に効果を発揮する物もあります。

 

迷った時には薬剤師の方に相談する事が大切です。

 

更に胃腸に自信の無い方に関しては脂分や刺激を避けた食事が必要になってきます。アルコールにはそれぞれアルコール度数があり参考の目安にはなりますが、それぞれ相性もあります。

 

色々なお酒を呑んでいると酔いも回りやすくなり、自分のペースがわからなくなってしまいます。

 

特にお酒に免疫の無い方の場合には正直に周りの方にその旨を伝えておく事で、ご自身が無理をして辛い二日酔いに悩まされる事も避けられるのです。
毎日をイキイキと過ごせるように少しの努力が欠かせないのです。

せっかくの美味しいお酒も飲み過ぎてしまって、次の日に頭が痛くなってしまった経験がある方は多いと思います。俗に呼ばれる二日酔いです。頭が痛い、眠い、だるい、気持ちが悪いなどの症状が表れます。

 

誰もがお酒を飲むなら二日酔いになりたくないと思うはずです。
そこで、二日酔いにならないための方法をいくつか紹介します。

 

まず、

 

・空腹のままお酒を飲まない

肝臓が、「この量なら通常だ」とアルコールを分解しようとしても、空腹だと処理能力が追い付かなくなってしまいます。そして、処理できなくなってしまったアルコールは、胃や腸に吸収されます。

 

なので一気飲みは肝臓に非常に良くない飲み方です。二日酔いの大きな原因となることもあります。
お酒を飲む前に、胃の中に少しでも食べ物を入れておくと良いでしょう。
牛乳、ヨーグルトといった乳製品や乳飲料は胃の粘膜を守ってくれるので、オススメです。

 

・お酒のおつまみ、飲み方に注意する

肝臓に負担をかけずにお酒を飲むには、適量を知り、水や野菜を一緒に摂りながら飲むと良いとされています。強いお酒の場合は、水と交互に飲むようにしましょう。ゆっくりと話をしながらお酒を飲むことも、肝臓への負担を軽減できます。

 

また、お酒とともに食べるおつまみには、タンパク質、ビタミン、食物繊維を多く含むものが良いでしょう。食物繊維は特に、アルコールの吸収を緩やかにしてくれるので、海藻サラダやきんぴらごぼうなどはとても良いおつまみの1つです。

 

ミネラルを豊富に含む牡蠣も、肝臓の働きを活発にするのでオススメです。

 

・チャンポンしない

チャンポンとは色々な種類のお酒を飲むことです。チャンポンすると二日酔いの原因になるとされていますが、実はあまり関係ありません。お酒の種類をコロコロと変えることで、口当たりもよくなり、ついゴクゴク飲み過ぎてしまうことが原因とされています。

 

女性にも好まれるカクテルや炭酸で割った甘いお酒など、ついつい色んな味を飲んでみたくなり、飲み過ぎてしまうことが多いかもしれません。やはりお酒を過剰に摂取してしまうことが二日酔いの大きな原因でしょう。

 

・アルコールを控える

肝臓が1時間にアルコールを処理できる量は日本酒4分の1と言われています。処理できない状態が続くと、中性脂肪が肝臓内にたまってしまい、「脂肪肝」と呼ばれる肝臓疾患を引き起こします。

 

1日に摂取しても良いと推奨されているアルコール量は、
・ビール中瓶1本
・日本酒1合
・缶チューハイ(350ml)1本
とされています。

 

肝臓への負担も考え、二日酔いにはやはり飲み過ぎないようにすることが一番良い予防法でしょう。

お酒を飲むとアルコールを体内に取り込むことになります。体内に入ったアルコールは酵素によって分解されてアセトアルデヒドになります。このアセトアルデヒドが分解されずに肝臓に残ると、アセトアルデヒドの毒性によって肝臓が障害を受けることになります。

 

そして、肝障害を起こすのはアセトアルデヒドだけではありません。お酒の飲みすぎによってアセトアルデヒドを分解しようと肝臓が働くことによって脂肪の代謝が後回しにされます。この結果、中性脂肪が肝臓にたまっていくことになります。このような状態が続くとそのうちにアルコール性脂肪肝になってしまいます。そして、この肝臓にたまった脂肪が肝臓を壊す働きをするのです。

 

アルコールによる肝障害の最初のステップは、脂肪肝なのです。

 

この脂肪肝の状態をほったらかしにしておくと肝細胞が障害を受けて繊維化してくるのです。これが、アルコール性繊維症と呼ばれるものです。この状態のままお酒を飲み続けると肝臓が硬くなってきてしまう肝硬変になるのです。

 

肝臓は、沈黙の臓器であるとよくいわれています。症状がひどくなるまで自覚症状がないのです。肝硬変の最初の段階では、正常な肝臓と同じくらいの働きができるので気付くことが遅れるのです。肝障害の早期発見のためには、血液検査を行うことが最も適しています。ガンマGTPという値は耳にしたこともあると思います。この数値によって肝硬変の程度がわかるのです。

 

初期のアルコール性肝障害であれば、1週間から2週間の間禁酒することで正常値に戻すことができます。

 

肝硬変の合併症としては、歯ぐきからの出血、腹水がたまる、こむら返りがよく起こるがあります。ひどくなってくるとアンモニアが脳にまわってしまって意識障害を引き起こすまでになります。医療機関で診察を受ける際には、アルコール依存症を専門的に治療してくれる機関を調べておくことも必要になる場合があります。アルコール性肝障害になる人は依存症である確率も高いからです。

アルコールを摂取したからといって必ずしも肝臓病になってしまうというわけではありません。アルコールの飲みすぎによっていろいろな臓器に支障が現れる場合がありますが、その中でも肝臓病はアルコールの多量摂取によって高頻度に起こりえます。

 

しかし、個人差はあるとはいえアルコールの過度の摂取によって起こる肝臓病はやがて死に至るような大きな疾患でもあるのです。アルコールによる肝臓病はアルコールを多く摂取すればするほど、またアルコールを長期間の間摂取し続けていればいるほど、起こりやすくなります。

 

アルコール性の肝臓病は自らの意志によって発生を確実に予防できることにも大きな特徴があるといえるでしょう。アルコール性肝臓病はまず脂肪肝として現れます。
関連:脂肪肝に効くサプリメント

 

これはアルコールの多量摂取で現れることが多いですが、そのほかにも肥満や糖尿病でも起こります。脂肪肝は症状として発現することは少なく、腹部エコーなどの検査によって発見されることが多いですが、発見されれば原因がどこにあるのかアルコールなのかそのほかの原因なのかを特定する必要があります。アルコールが原因であるとすれば、脂肪肝の段階であれば断酒などによって比較的早期に改善することが多くなります。

 

脂肪肝の状態でさらに飲酒などでアルコールを大量に摂取した場合にはアルコール性肝炎という重症な症状となってしまいます。この段階になるとアルコール依存症となっている人の割合も多くなっており、簡単には断酒ができないという状況になっています。一時的にアルコール性肝炎が改善したとしても飲酒を再開すればまた症状が出ます。

 

そして、アルコール性肝炎の最終段階が肝硬変ということで、肝硬変と診断されてしまえば回復は不可能ということになってしまいます。アルコール性肝炎の状態であっても運悪ければ死亡してしまうこともありますので、肝硬変の状態になればさらに状況は悪くなっているといわざるを得なくなっています。

日本人の肝炎の8割以上はウイルスによるものです。
日本で見られるのは主にA型、B型、およびC型肝炎です。

 

A型:

A型肝炎はウイルスに汚染された飲食物や便などを介し、経口感染します。1か月前後の潜伏期間を経て、風邪のような症状、消化器症状、黄疸などが現れます。A型肝炎は一過性の急性肝炎で、慢性化することはなく、劇症化することも稀です。

 

現在、国内での感染者は激減しています。しかし途上国では広くまん延している感染症であり、そうした地域に渡航する際にはワクチン接種を受け、現地では飲食物に細心の注意を払うことが必要です。

 

B型:

B型肝炎は、ウイルス保有者の血液、体液を介して感染します。以前は出産時の母子感染や、注射器、輸血用血液による感染などが少なくありませんでしたが、現在では予防措置が確立され、そうした原因での新たな感染はほとんどなくなりました。

 

B型急性肝炎:

A型と同じく急性の肝炎症状が現れますが、大半は完全に治癒します。しかし劇症化することがあるので注意が必要です。

 

B型慢性肝炎:

母子感染などで小児期にウイルス感染した場合、思春期以降に肝炎を発症することがあります。多くの場合症状は軽く済みますが、1割ほどは慢性肝炎に移行します。現在のB型慢性肝炎患者の多くはこのタイプですが、最近では、外来種のウイルスによるB型急性肝炎で慢性化が見られることも報告されています。

 

慢性肝炎は自覚症状に乏しく、放置すると肝硬変や肝がんに移行することがあるので注意が必要です。B型肝炎には有効なワクチンがあり、多くの場合、ワクチンで感染を予防することが可能です。

 

C型:

C型肝炎も血液を介して感染します。

 

C型急性肝炎:

A型、B型よりも症状が軽いため感染に全く気づかないことも多く、劇症化することも稀です。

 

C型慢性肝炎:

感染者の7割程度はそのまま慢性化し、長い年月の間に肝硬変や肝がんに移行することもあります。ちなみに、

 

日本では慢性肝炎のおよそ7割がC型, 2割がB型です。現在のところ、C型肝炎のワクチンは開発されていません。近年、慢性肝炎の治療法は、B型、C型ともに日進月歩と言われ、目覚ましい進歩を遂げています。放置せず、医師による適切な診断・治療を受けることが大切です。

肝臓は様々な機能があります。その機能とは、食べ物からとったタンパク質や糖、脂肪を貯蓄し、エネルギーとして供給する代謝の機能、アルコールや老廃物を無害なものに変える解毒の機能、脂肪の吸収を助ける消化液を生成する機能です。

 

このような様々な機能を持っている肝臓だからこそ、しっかりと守らなければなりません。
また、肝臓は「沈黙の臓器」と言われています。

 

悲鳴をあげることなく、淡々と働いていますが、悲鳴をあげるときには時すでに遅しということもあります。だからこそ、しっかりと食生活・肝臓にいい栄養素を含んだ食事をとることが大事です。

 

食生活としては、一日三食しっかりととること、高タンパク質・高脂肪のものを控えるということが大事です。これと逆のことをやってしまうと、脂肪肝やアンモニアが高くなるという可能性があります。

 

肝臓に良い栄養素とは、必須アミノ酸、カリウム、カルシウム、ビタミン類などです。
これらの栄養素は、肝臓の修復や再生、肝機能をアップさせてくれます。

 

良い栄養素を含んだ食品としては次のものがあります。

 

まず、ひとつめは大豆です。
大豆には、必須アミノ酸、カリウム、カルシウム、ビタミンをたくさん含んでいます。
必須アミノ酸は、肝臓の修復や再生に必要な栄養素となります。

 

ふたつめは、しじみです。
肝臓に良い食べ物としてよくあげられます。しじみにはビタミンB2やB12、カルシウムや鉄、リンが含まれています。脂肪分も少ないという点もいいことです。これらの栄養素が肝機能をあげてくれます。

 

みっつめは、ウコンです。
これもアルコールを飲んだ時によくきくものとして有名です。ウコンにはクルミンという成分が含まれています。クルミンは、肝機能をアップさせてくれます。

 

よっつめは、牛乳です。
タンパク質が多く含まれており、肝臓を修復・再生してくれます。

 

 

この他にもたくさんの肝臓に良い栄養素を含んだ食べ物があります。

 

レバーや牡蠣、ごま、ホタテやイカ、タコといった魚介類などです。この他にもたくさんあります。これらの食べ物をしっかりとることにより肝臓の機能がアップし、また肝臓を修復・再生してくれます。

 

積極的に肝臓にいい栄養素を含んだものを食べましょう。

 

肝臓に障害があるとからだが黄色くなります。黄色人種の日本人の肌の色は黄色ですが、目の白球を明るい光線のところで、他の人と比べると割合によくわかったりします。

 

そして、番茶の様な小便と、ひどくなってくると便が白っぽくなってきます。これは、便から黄色味、つまり胆汁色素がなくなるためです。からだがだるい、疲れやすい、食欲が無い、朝起きた時に吐き気がする、などのときは要注意です。とくに、食後に非常に眠くなる、視力が衰えたなどの人も気をつけなくてはいけません。まず、毎日の生活、特に食事を正しくすることが肝臓にとっては大切です。

 

毎日の生活からいえば、過労は絶対に避けなくてはいけません。

 

飲食物では、お酒の飲みすぎはよくありません。ですから、ふだん仕事が忙しくてストレスのたまりやすい人が、寝不足にもかかわらず、お酒やたばこを飲みながら徹夜でマージャンをするなどは、わざわざ肝臓を悪くしているようなものです。

 

そのほか、低タンパク質のとりすぎ、肥満した人の脂肪のとりすぎ、また、座って仕事をする人、妊娠出産の多かった人も気をつける必要があります。

 

シジミには肝臓の機能を良くしてくれるオルニチンやタウリンというアミノ酸の一種や、悪性貧血に効くビタミンB12が含まれています。毎日みそ汁にして飲むと良いです。

 

サプリメントでも肝臓に良いしじみ系のものがあるようですのでチェックしてみましょう
肝臓にいいサプリメント一覧

 

肝臓には肝臓をといいます。したがって、レバーも良いのですが、その時にはかならず野菜や海藻とともに食べて、食事全体が中性を保つようにしなくてはいけません。

 

もやしにはメチオニンなどの肝臓によいアミノ酸があります。油いため、みそ汁の具、ゆでてサラダにするなど好みのものに調理して食べると良いです。ただし、もやしはべとべとになるまで熱を加えないようにします。

 

カワラヨモギの煎じた汁を1日に3回飲むと効きます。これは漢方では昔から肝臓病の処方に入っている薬草です。その20グラムを水カップ2杯半で、カップ1杯半になるまで煎じて、食間3回にわけて飲むと効果があります。

中性脂肪がの数値が高いまま放置しておくと、体に色々な悪影響及ぼし重大な病気を引き起こす場合もあります。肥満やメタボの人は特に注意が必要で、肉類の摂取のしすぎなどは特に中性脂肪やコレステロールが溜まり易く、動脈硬化をはじめとするさ様々生活習慣病になる可能性が大きくなります。

 

生活習慣病として身近な存在では糖尿病や痛風、高脂血症などがあげられますが
一番重たいものではガンを発症する可能性も捨てきれません。

 

中性脂肪の数値が高いというのは自分では分からないので、会社で行われる健康診断もしくは3ヶ月に1回程度など自分で病院へ行って定期検診を受けたり、血液検査を受けるなどが必要です。

 

この中性脂肪の数値が高いと心臓へ送る血液などが血管が細くなる事によって循環が悪くなり、重大な病気を引き起こします。また肝臓に脂肪が溜まる事で肝臓に知らない間に大きなダメージを与え続け、肝臓の重度な病気になるケースも非常に多いと思われます。

 

中性脂肪はの数値が高くなる原因についてはタバコ、アルコールそして運動不足や食生活などが挙げられます。ドロドロになった血液をサラサラにして血流を良くしなければ改善されません。そのためにはまず病院で薬を処方してもらい、薬で数値を下げると共に血液をサラサラにする効果がある薬も同時に服用する場合が多いです。

 

しかし当然薬だけに頼っていては改善のスピードも遅く、効果はだんだんと薄くなっていきます。
一番変えたいのは食生活となりますが、それまで偏ってきた食事をバランスの良い食事に変える。

 

そして何よりも食べ過ぎずに体重も同時に落としていく事が大切となります。

 

運動不足も中性脂肪には良くないので運動をする事は必要ですが、急激に過度な運動を行うと返って怪我をしたり心臓などに大きな負担を与えるので、軽い運動で良いので週に2回からでも始める事が必要です。

 

そして肝臓に一番悪い影響を及ぼすと思われるアルコールについては、毎日飲んでいたのであれば2日に一回、3日に一回など休肝日を必ず作り、そして飲んでいた量も今までより減らす事が大事になってきます。

肝臓によい食べ物や食生活は、肝臓病にかかった方と健康な方が肝臓病にならないように食べる食べ物は異なると言われております。肝臓病になってから、肝臓病にならない為の食べ物を食べることで悪影響を与えることもあるのです。

 

健康な方が肝臓病にならないために気を付けることとは、メタボな体にならないことであります。
栄養バランスのとれた食事を意識して摂取することこれが第一に言われることであります。

 

そして、栄養バランスのとれた食事にプラスして適度な運動をすることが大切です。
運動を適度にすることで、内面的な健康も得られることでしょう。

 

つまりストレス発散には、運動は欠かせないものでございます。肥満にならない体作りが一番の要素であります。定期的に健康診断を受けることも必要であります。

 

肝臓病になった場合は、より適正な体重になるよう食生活改善が大切です。
肝臓をより保守とする栄養素として挙げられるのが、タンパク質でございます。

 

タンパク質の役割は、解毒や代謝に必要な酵素のもととなります。肝機能の修復にも大きく貢献となります。肉類よりも、魚や大豆製品を意識して摂取としましょう。肉類の内容成分には、脂肪酸やコレステロールが多いことが理由となります。

 

より肝機能を高めるには、タウリンを摂取としましょう。

 

タウリンがより多く含まれている食品として挙げられるのが、いわしやさばなどの青魚でございます。代謝を助ける役割があります。肝脂肪を修復するには、ビタミン類やミネラル類もバランスよく摂取するとさらによいでしょう。

 

肝臓病には、鉄分をさける必要があります。しじみやほうれん草、レバーの食品は鉄分が多く含まれております。摂取は控えましょう。肝臓病の方も適度な運動は必要であります。適度な運動をすることで、インスリンの活動がよくなるためであります。

 

それにより肥満効果が期待できるのでございます。

 

適度な運動することで、筋肉が増加となれば、インスリンの活動も良好となります。結果血中の糖質が消化されるという相乗効果がうまれます。そして肝臓の脂肪も減少となります。